• ホーム
  • シミ治療として一般的に使われているトレチノインの特徴を知ろう

シミ治療として一般的に使われているトレチノインの特徴を知ろう

鏡を見ている女性

いつの間にか出来てしまった目の下や頬のシミ、あればあるほど実年齢よりも老けて見えてしまう原因にもなるため中には精神的に追い詰められてしまう人もいます。そんな顔に出来たシミを消す治療薬として有名な医薬品がトレチノインです。

このトレチノインはレチノール、通称ビタミンA誘導体と呼ばれているものです。トレチノイン酸にはレチノールが通常の50~100倍もあると言われており、アメリなど海外ではしわやニキビの治療薬として既にFDAに認可され、皮膚の若返り薬として使用されているものです。

トレチノインはレチノイン酸と呼ばれることもありますが、ほとんど同じものです。レチノイン酸クリームなどの治療薬を利用しても、トレチノインを摂取したのと同程度の効果が得られます。トレチノイン配合の治療薬は購入するのが面倒ですが、レチノイン酸クリームなら通販サイトで気軽に購入することができます。レチノイン酸クリームを今すぐ通販して美肌を手に入れましょう。

多くのシミが表皮の一番深い層の周辺にメラニン色素が沈着しており、この層にはメラノサイトというメラニンを作り出す細胞があります。メラニンとは紫外線から皮膚を守るために必要な細胞で、日光に思いっ切り浴びた後肌が黒くなるのはこのメラニンが増殖する事によって起こります。

市販の美白化粧品にはメラニン色素を作る量を減らす有効成分は含まれていますが、市販品ということもあり、その作用は非常に弱く既に存在している色素沈着には効果を発揮しません。

トレチノインはこの表皮を奥深くにあるメラニン色素を外に追い出す働きがあり、表皮の細胞を活性化させてシミを押し上げて2~4週間でメラニン色素が外に排出されます。
トレチノインは長期間使用すると表皮や真皮を厚くする作用があります。お肌のハリと潤いを保つヒアルロン酸やコラーゲン産生を促進させ、真皮血管の新生を促すので肌の若返りや小じわの治療にも使用されています。

トレチノインは誰でも血液中にごくわずかに含まれている成分なので、アレルギー反応を起こす心配はないでしょう。ただし妊娠中の方や授乳中の方、これから妊娠予定の方は使用することができません。海外で個人輸入する場合、この副作用を知らずに使用してしまう女性は少なくはありませんが、胎児に影響する恐れが十分考えられるため、この3つに該当する人は使用を中止もしくは使用しないでください。

使用方法としては1日2回、毎日シミや小じわが気になるところに塗ります。使い始めて数日から2週間前後で肌がカサカサしたりかゆみが現れますがシミを漂泊している期間のため、一番かゆみなどの症状が辛い時期になります。数日後には症状も落ち着いてくるため、無理にかゆいところを引っ掻くと症状の悪化も考えられるため、保湿をしたり患部を冷やして痒みや乾燥から上手く逃れるような対策をしましょう。