• ホーム
  • シミ予防として必ず行なっておきたい紫外線対策の効果的な方法とは

シミ予防として必ず行なっておきたい紫外線対策の効果的な方法とは

シミ予防の対策として効果があるのは正しい紫外線対策です。日焼け止めは夏だけしか使用していないという女性も多いのですが、紫外線は1年中空から降り注いでいます。紫外線の中にはシミやしわになるもとが含まれており、きちんと紫外線対策をしなければシミやしわができてしまいます。

特に紫外線は春先から夏にかけて多くなる傾向です。冬ももちろん紫外線は降り注いでおり、スキーなど雪遊びをして日焼けするのはこの紫外線が降り注いでいるためです。季節問わず日焼け止めをしっかりと塗って、夏はそれに加えて広いつばがある防止に日焼け防止手袋やサングラスなどのアイテムを加えましょう。

日焼け止めを見るとSPFやPAなどの文字が目に入るかと思います。まずSPFとは表皮に作用して赤く炎症してしまうUVBから肌を守る目安になります。通常何も塗っていないと約20分で肌が赤くなりますが、例えばSPF30の場合、通常の20分×30倍という事で10時間は肌を紫外線から守ることが可能です。

PAとは日差しを浴びる事で肌をすぐ黒くしてしまったり、しわや弛みなどの原因にもなるUVAから肌を守るための目安になります。+から+++などで表記されており、この+が多ければ多いほど紫外線をカットする力が強いという事になります。

日焼け止めは何でも塗ればいいという訳ではなく、条件によってSPFやPAの数値を変えなければいけません。日常生活程度ならSPF5のPAは+でも十分効果を発揮します。軽い野外活動でもSPFは10のPAは++なので市販の一番SPF値が低いものでも問題はありません。

炎天下でスポーツをしたり熱帯地方での野外活動の場合はきちんと紫外線対策を行う必要があるため、市販の日焼け止めの場合はSPF50のPA++++の一番レベルの強いものを選びましょう。

SPF値やPA値が高ければ高いほど肌への負担も大きくなってしまいます。例えば日常生活レベルなのに一番強いSPF50の日焼け止めを使用すると、確かに紫外線を防ぐ力は強いのですが、その分肌への負担は大きくなってしまいます。

また、日焼け止めで紫外線対策をするのも効果的ですが、正しいスキンケアをしてシミ予防を行いましょう。ビタミンC誘導体などの美白効果のある化粧水や乳液を使用し、日ごろから保湿ケアをしっかり行う事でシミだけではなくしわなどの様々な肌トラブルの改善にもつながります。使用する際は肌へ刺激や負担を与えない様、優しく押さえるようにパッティングしましょう。